Perspective

エコロジカル埋葬

今日は死にまつわる話をしたいです。

死後の世界で魂はどうなってしまうのかというはなしではなく、死んだあとに残るの身体の話です。

日本では火葬が一般的とされています、一方、アメリカでは土葬も多く、全米葬儀ディレクター協会(NFDA)のレポートによると2019年は土葬が39%を占めています。

しかし、土葬も火葬も、どちらも環境にやさしい方法とはいえず、防腐処理用の薬剤が地下水を汚染したり、遺体を火葬するのに多量の燃料を使ったりと、環境に悪い影響を与えています。また、墓不足という問題もあり、環境問題の一因になっています。

そこで火葬でも土葬でもない別の方法が考えられていて、実用化が目指されています。

その新しい埋葬とは、遺体を液体窒素に浸して凍結し、フリーズドライしてから土の浅い部分に埋める「プロメッション」という方法です。

その仕組みとは。

①病院や葬儀屋で遺体をマイナス18度で凍らせて専用の施設へ、遺体を木製の棺に入れて寝かせ装置の中入れる。

②装置内で遺体をマイナス196度の液体窒素に浸して凍らせる。

③棺を振動させて粗い粉状にする

④歯の詰め物や体内に入れた金属などを金属セパレーターで取り除く。

⑤粉末を骨壺より大きな生物解性の棺に入れる。

⑥土の浅い部分(深さ30メートル~50メートル)に埋める。

⑦土の環境にもよるが湿気が棺に入り、土中微生物の働きにより約1年で腐植土になる。

このような手順で遺体が堆肥化して、土にかえされます。

この「プロメッション」という技術は、現行の法に適合できないなどの理由でまだ実用化されていませんが、ネットを通じて世界中に拡散されていて賛同者は年々増えているといいます。

私もこの記事をネットニュースで見かけてすごく素敵だなと思ってしまいました。医療技術の発展で平均寿命もどんどん伸びていくと思いますが、生きるという事は何らかの影響を地球に与えるという事で、いくらエコロジカルな生活をしていても絶対にCO2 を出してしまうと思います。なので死んだ後くらいは環境に悪影響を与える事無く安らかに逝きたいと思ってしまいました。

人間として死を迎えた後に自然な食物連鎖の輪の中に戻るというのは生物のあるべき姿なのかなと感じました。

これは残された遺族の意志なども関係してくるので簡単に決められるものではないと思いますが、将来一般的な埋葬方法として確立されるであろう技術なので生前の本人の意思決定、希望なども重要になってくると思います。

私自身まだ若く、今を生きるのに必死で、死んだ後のことなど考えられなかったのですが、この技術にはすごく興味があり、考えさせられたので皆さんも死に方、埋葬のされ方をいちど考えてみたら面白いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です